エクセル プルダウン 追加。 データの入力規則でプルダウン(ドロップダウンリスト)を作成する:エクセル2010基本講座

エクセルの「プルダウン」機能を使いこなそう!

💓 どちらも利用頻度は高くありませんが、この機会に覚えておくといいでしょう。 プルダウンを使えば、リストから選ぶだけでデータを入力できるので、入力が楽になり、入力ミスを減らすことが可能です。 [ 設定] タブの [ 許可] ボックスで、[ リスト] をクリックします。

14

Excel(エクセル)のプルダウンメニュー(ドロップダウンリスト)に項目(選択肢)を追加する

💅 B3セルでドロップダウンリストを開いて、いずれかの地方名を選択します。

5

エクセルの「プルダウン」機能を使いこなそう!

😍 ユーザーがセルを空欄のままにできるようにするには、[ 空白を無視する] ボックスをオンにします。 元となるデータは、先ほど定義した名前なので、キーボードの [F3]キーをポンッと押すと、 この文書に定義された名前が一覧表示されます。

データの入力規則でプルダウン(ドロップダウンリスト)を作成する:エクセル2010基本講座

♥ プルダウンメニューが作成されているセルが、 薄いグレーで表示されるので、隠れているプルダウンも発見できます。 参照する表をテーブルにした上で参照セル範囲に名前を定義する 先ほどの「11月第2週シフト表」で、[メンバー]シートのスタッフ名を追加した時にドロップダウンリストが自動で修正されるように設定してみましょう。

5

【Excel】ドロップダウンリストの選択肢が多すぎ!エクセルで2段階のドロップダウンリストで表示項目を絞り込むテクニック

🤙。 入力値の種類で「リスト」を選択します。

入力ミス激減!エクセルでプルダウン(ドロップダウン…|Udemy メディア

😅 データの入力規則が開いたら、「すべてクリア」をクリックして、OKをクリック。 これをクリックして、セルH2~H5を選択しましょう。

3

エクセルでプルダウンリストを追加する方法を解説します!

😄 テーブルの終わりの次の行に、 追加したいデータを入力し、するだけで、 自動的にテーブル範囲が拡張します。 今回は、ドロップダウンリストが参照する表に項目を追加した時に、ドロップダウンリストの内容も自動で増えるようにする方法を解説します。

18