バイデン 政権 黒人。 「黒人初」「介入主義者」…見えてきたバイデン新政権

【バイデン新政権】黒人初オースティン国防長官が就任

🍀 大統領首席補佐官に指名されたロン・クレイン、国務長官になるアントニー・ブリンケン、国家安全保障担当補佐官のジェイク・サリバン、国土安全保障長官のアレハンドロ・マヨルカス、国家情報長官のアブリル・ヘインズ、気候変動問題担当大統領特使ジョン・ケリー…。

17

バイデン氏 閣僚人事を発表 国務長官に側近のブリンケン氏

⚔ 既成政治の打破を掲げたトランプ大統領が4年前、国務長官に外交経験のなかったティラーソン氏を指名したのとは対照的です。

6

【バイデン新政権】黒人初オースティン国防長官が就任

⚓ 1975年に陸軍士官学校を卒業後、イラク駐留米軍司令官などを経て、オバマ政権下の2013~16年に中東やアフガニスタンを管轄する中央軍司令官を務め、同年退役した。 米連邦制度をよく知らないせいだろうか。 今回の決定は、多様性や人種間の平等を掲げるバイデン政権の姿勢を示したものとみられています。

4

「黒人初」「介入主義者」…見えてきたバイデン新政権

🖕 海軍副作戦部長という海軍軍人ナンバー2の地位にまで上り詰め、まさに人種差別や性差別に打ち勝った象徴としての人物であるみられている。 この直前にトランプは「最高裁が賢明さと勇気を示せば、米国選挙プロセスは再び尊敬を得るだろう」とツイートしたが、皮肉にもその通りとなった形だ。 本連載はシンクタンクの調査員として長年米国に駐在し、同時多発テロや金融危機、オバマ政権の誕生等も経験した著者が今の米国の経済・政治を読み解くためのキーワードを解説し、歴史的な視点も交えて掘り下げていく。

5

バイデン氏 閣僚人事を発表 国務長官に側近のブリンケン氏

😅 それでは、なぜ今回はフロノイでなくオースティンなのか。 連邦法は文民統制の原則に基づき、退役から7年未満の元軍人が国防長官に就任することを禁じている。

17

バイデン政権、初の黒人国防長官に オースティン・元中央軍司令官指名へ

✇ 上院で承認されて就任すれば、黒人初の国防長官となる。

1

バイデン新政権 黒人初オースティン国防長官が就任:イザ!

🐾 ワシントンではいかに優秀な人材であっても、状況次第で、人事は瞬時に変わり得る。 この時の完全撤退は過激派組織「イスラム国」(IS)の台頭を許し、米軍の再派遣につながったという批判が強い。 オースティン長官の場合、アフガニスタンで指揮を執ったこと以外にはさほど目立った存在ではなかった。

7

米バイデン政権のキーワード「人種間の公平」に潜む、対立激化という諸刃の剣

⌛ 茂木外相「速やかに意思疎通を」. USTR代表に指名されたタイ氏はアジア系。

13

【バイデン新政権】黒人初オースティン国防長官が就任

😉 タブマンの肖像の採用について、ホワイトハウスのサキ報道官は「アメリカの歴史と多様性を表すものとしてふさわしい」と述べています。

12