告別 式 流れ。 葬儀/告別式の流れ、準備手順とスケジュールについて|葬儀・家族葬なら【よりそうお葬式】

告別式とは|基礎知識と遺族側・参列者側が知っておくべきマナー

🤪 挨拶の内容は通夜と重複しても失礼にはなりませんので、お礼の言葉はしっかり伝えましょう。 【合わせて読みたい】 一般的な葬儀のタイムスケジュール(11時開式の場合) 1)喪主・遺族集合(10:00~) 2)受付開始 <葬儀> 3)着席(10:45~) 4)僧侶入場(10:55~) 5)開式の辞(11:00~) 6)読経 7)弔辞拝受・弔電奉読 8)焼香(遺族・親族) <告別式> 9)焼香(弔問客) 10)僧侶退場 11)閉式の辞(11:40) 12)お別れの儀・納めの儀(11:45~) 13)出棺 <火葬> 14)火葬(12:00到着の場合) 15)収骨(13:00~) 16)繰り上げ初七日法要(14:00~) 17)精進落し(14:20~) 葬儀が11時から始まり、読経の時間は約40分。 その際、葬儀社のスタッフに相談してください。

1

告別式の一般常識/流れやマナーについて

♥ くぎ打ちが終わった後は、数人の男性が棺をご遺体の足側から霊柩車に載せ、 出棺となります。 弔電の奉読• 多くの場合は、葬儀社から司会者を出して頂くことがほとんどなのですが、場合によっては遺族・親族が所縁のある人にお願いすることも可能です。

13

【2021】告別式の流れは?一般的な葬儀・家族葬別の手順と注意すべきマナー

🤲 香典は参列する方に預ける、現金書留で送るなどして届けます。 くぎ打ちの儀は遺族が最期のお別れをするための儀式ですが、地域によって方法が異なるので事前に確認するようにしましょう。

4

お通夜から告別式・火葬までの流れ|通夜・順番・出棺・時間|DMMのお葬式

💕 まず告別式が終わったら、祭壇に安置してある棺を床に降ろし、 ご遺族やご親族などがご遺体の周りにお花を添えていくところが始まりです。 ここでは 告別式と火葬の日程について見ていきましょう。 その間に遺族はくぎ打ちの儀に入り、棺に蓋をしてくぎ打ちをしましょう。

お通夜から告別式・火葬までの流れ|通夜・順番・出棺・時間|DMMのお葬式

👉 司会者の弔電代読、遺族代表挨拶、焼香と続き、別れ花を故人に手向けて、出棺となります。

【2021】告別式の流れは?一般的な葬儀・家族葬別の手順と注意すべきマナー

👈 葬儀開式 導師が入場し、11時になると一同合掌礼拝で葬儀の開式となります。 まずはどのような告別式にするのは具体的にイメージし、その告別式にふさわしい人に弔辞をお願いしましょう。