気骨 読み方。 「気骨が折れる」、読みは?【ことば検定プラス】 答え林修

気骨の読み方と意味、「きこつ」と「きぼね」正しいのは?

🎇 前者の例文は「自分の信念を曲げない強い気性」の意味で、 後者の例文は「あれこれと心を遣うこと、気苦労」の意味で使用しています。 今回の人選に際して、生真面目で 気骨があるので、私も彼を推薦したが、ただ、仕事ができるかどうかでいえば、私が推さなかった社員の方が使えるかも知れなかった。

【気骨がある】の意味と使い方の例文(慣用句)

☕ 結論から言ってしまうと、 気骨の正しい読み方は「きこつ」「きぼね」の両方になります。

14

気骨の読み方と意味、「きこつ」と「きぼね」正しいのは?

🤔 (3)「気骨」の類語は? 「気骨(きこつ)」の類似語は「意欲」、「気概」。

9

【気骨がある】の意味と使い方の例文(慣用句)

😁 まず 気骨(きこつ)は「自分の信念を曲げない強い気性のこと」の意味として用いられています。 したがって、「きこつがおれる」と読むのは誤り。

19

【気骨がある】の意味と使い方の例文(慣用句)

👍 次の章で気骨の意味と類義語について解説していきます。 この「気骨」ですが、一般的には「きこつ」として使用されることが多いようです。

18

気骨の読み方と意味、「きこつ」と「きぼね」正しいのは?

⌚ 今回は「気骨」の読み方と意味、類語についてご紹介しました。

7

読み方は2種類!【気骨】よく目にする熟語、分かりますか?

👇 きょうの問題は、2月25日、昭和28年、斎藤茂吉の亡くなった日にちなむ問題でした。 ただ気骨を「きこつ」「きぼね」のどちらで読むかによって、意味が異なるので注意が必要です。

12

気骨の読み方と意味、「きこつ」と「きぼね」正しいのは?

🚀 2.気骨の意味と類義語について では気骨の意味と類義語について見ていきましょう。

15