いぼ むしり 季語。 季語|蟷螂(かまきり・とうろう)

五年の月日

✋ あの凍れる音楽の象徴とも言える水煙が、新しくお目もじかなったときには、もはやレプリカにすぎないものとなる侘びしさ。 【その他の佳句】 草いきれ水車ひかりをこぼしけり 幸夫 味見して買うはめになるさくらんぼ 眞人 堂々と比叡参道大蚯蚓 茂 梅雨晴間さかなの骨のやうな雲 二百年 揚花火熊が出たつて本当け 中 十七波 三光鳥息継ぎのないコンチェルト 紅緒 星一つ増えた銀河や通夜帰り 磯村 2016年7月13日 谷さやんドクター : 今週の十句 (到着順) 【はじめに】 先日俳句仲間四、五人で集まる喫茶店の前まで行き、ドアの前の張り紙を見てしばらく立ちすくみました。

7

いぼ むしり 季語

😛 1993年、夏樹静子が『女優X - 伊沢蘭奢の生涯』(文藝春秋)を書いている。 今日の1句 冷水を湛ふ水甕の底にまで 山口誓子 『遠星』 季語は「冷ややか」。 朝、始めてツクツクホウシが鳴いた。

12

いぼ むしり 季語

🤚 8月18日 土 晴。 板橋区立文化会館(大山) 拙句の蘭奢は伊沢蘭奢(いざわ らんじゃ)。 「いぼむしり」とは。

月白や讃岐の富士をひとつまみ 松田ひろむ/いぼむしり太白星のかがやきて 田中裕明

⚒ 俳句としては言い過ぎない「雨の音」をとりました。 扇風機の涼しさに慣れて、三時間も居座りました。 。

8

蟷螂(とうろう)/今日の俳句 ≪第2249号≫

😇 ここのドクターは毎週変わりますので、先週選ばれたから今週選ばれる、ということはなかなかありません。 お互いに若い時分を知っているからこその感慨でしょう。 9月の句会終了いたしました。

五年の月日

☭ あいまいで私がらっぱ更衣 さわいかの 「私が、らっぱ」だとにぎやかですが、「私がらっぱ」だと私が河童になってしまったということでしょうか? いずれにしても「あいまい」「更衣」とのつながりがわかりにくい。 読みにくい句も多く、そういう句は、調べも悪いように思いました。

20

蟷螂(とうろう)/今日の俳句 ≪第2249号≫

🖐 ご冥福をお祈りします。

1

月白や讃岐の富士をひとつまみ 松田ひろむ/いぼむしり太白星のかがやきて 田中裕明

😚 その手触り感が、とても心地よい一冊です。

8