車止め ポール。 車止めポールの施工方法

素材で選ぶ

🤗 ポールタイプの物やアーチタイプものもなど公共系で使われることが多いので様々なサイズと色とタイプがあります。 設置する本数を決定します 商品やメーカーによって異なりますのが、基本的に1,5mから2. 素材で選ぶ 車止めの主要なもので「ポール式」がありますが、こちらのモデルには大きく分けて「スチール」「ステンレス」「樹脂・ゴム系」と 3つに分類分けされます。 設置がフックモデルよりしやすいのが特徴です。

車止めポール バリカー 横型 W1010xH610mm ガードパイプ 【 送料無料】【 個人様は営業所止め 】

🐲 もちろんこれにも違いがあり、それぞれ場所にあった車止めポールを選ぶ必要があります。

3

車止めポールの施工方法

🤜 一番人気の商品となります。

4

車止めポールの施工方法

😔 ただし、設置の際、ポールの長さ以上に穴を掘る必要があるので、施工が大変という難点もあります。 必ず組立説明書通りに工事を行ってください。

19

車止めポールの施工方法

♨ チェーン内蔵の車止めポールのチェックポイント! 車止めポールの中でも、チェーン内蔵タイプには、中間柱と端部柱があります。 ただし上下式タイプは、非常に深く掘る必要があるため、特殊な掘削道具を使う必要があります。

13

車止めポールの施工方法

☮ ステンレス製 こちらは一般住宅や公共系でも外観を気にするような場所で使われています。

20

素材で選ぶ

🤔 価格を考慮するとこちらのモデルにたどり着く場合が多い傾向にあります。 また穴を掘った後はモルタルを練ります。 設置工事について 基本的には穴を掘って柱を立てるという方法です。

13

車止めポール バリカー 横型 W1010xH610mm ガードパイプ 【 送料無料】【 個人様は営業所止め 】

✇ 0mスパンでポールをたてていきます。

7