非 効果 的 気道 浄化。 気管支喘息(小児領域)の看護過程・看護計画(OP、TP、EP)のために必要な情報収集とその評価、アセスメント、看護問題に対する具体策

喫煙と呼吸器疾患

🎇 今回の肺炎発症の原因を明らかにし、患者・家族の健康の自己管理能力を評価し、再発予防策を考えていく。 また、痰の飛沫により、ベッド周囲は汚染されやすい。 CTでは、どこの部分がどの様に変異しているかを読影し、どの病型であるかを見分けます。

1

感染リスク状態

🤗 コメント 無理な活動は耐性を高めることなく、かえって低酸素血症をまねくので、自分の呼吸機能に合せた行動のペースをつかむ。

非効果的気道浄化

👆 嚥下障害の機能的評価の一つとして0. US Department of Health and Human Services, Public Health Service, Office on Smoking and Health. しかし、呼吸数が二倍になると、必要なエネルギーは4倍 600kcal 、三倍になると10倍 1500kcal に達すると言われている。 Am Rev Respir Dis 139:1446-1451, 1989. そのなかで最も早期に閉塞性の変化を起こしてくるのはsmall airwayである 5)。そして一秒量や一秒率が明かな低下を示さない時期からclosing volume や closing capacityなどsmall airwayの変化を鋭敏に反映する呼吸機能に異常を認める。 ・活動耐性が向上し、ADLが拡大する。

6

慢性閉塞性肺疾患(COPD) 患者の看護計画

😘 9 炎症による分泌物の増加に関連した非効果的気道浄化:成人• 喫煙によるナチュラルキラー細胞の低下は断煙によってもなかなか正常には戻りにくいといわれる 11)。 4 喫煙と肺局所免疫防御機構 1. <定義> 病気や後遺症による医療処置・症状の管理・身体機 能の回復・身体機能の維持が必要な患者や家族が、日々の生活に治療を取り入れ ることが困難で、望む生活を送るには不十分となりやすい状態を 「非効果的健康管理」という。 肺には直径0.1〜0.2mmほどの小さな袋状の肺胞というものがぶどうの房のようになっています。 活動耐性、活動状況をアセスメントし、個々の患者にあったペース、内容でリハビリテーションを進め、活動耐性を高めていく計画を立案していく。

12

感染リスク状態

😭 不安や精神的ストレスにより心拍数の増加、呼吸促迫が起こり、換気量が増す。 また、咳嗽や高熱の持続は体力が大きく心身ともに苦痛を生じる。

17

実習に役立つ看護計画2

☝ しかし、活動する事への不安から安静を保ちすぎても逆に心肺機能を低下させる。