バイデン 国務 長官。 国務長官にブリンケン氏指名へ バイデン氏、24日に閣僚人事発表―米メディア:時事ドットコム

バイデン政権人事 国務長官にブリンケン氏

🖕 2021年01月28日 15:43• 米国の針路について、政権のかじを握ることになりそうなのが、バイデン氏の20年来の側近のアントニー・ブリンケン次期国務長官だ。

15

バイデン新政権の国務長官は「国際紛争介入派」?

😔 茂木外相「速やかに意思疎通を」. 上院やホワイトハウスでバイデン氏に仕え、2人の信頼関係を疑う声はないと言っていい。 将来の我々の生活状態に影響を与えるだろう。 名も無き国民の声• ウィルス同士も縄張り争いみたいな現象があるみたいだし、高性能のCCPウィルスは縄張り取れず、ほぼ広がらず、辛うじて広がったものは既存ウィルスと毒性変わらず、みたいなことが起きてるんじゃないかなあ• 名も無き国民の声• 欧州にもアジア太平洋地域にもそのような同盟国があります。

15

米、対中強硬維持へ 国務長官候補「打ち負かすことができる」 バイデン新政権の狙い

😄 貿易取引契約に署名することで、これらの国は重要な経済地域で共産党政権と協力するように仕向けられるのです。 2021年01月28日 15:19• オバマ政権で市民権・移民となる局(USCIS)局長を務め、幼少期に米国に連れてこられて不法移民になった「ドリーマー」の在留を認める措置「DACA」の導入を主導した。 中国やロシアの脅威や気候変動などの課題へ対応するための国際協調を重視。

2

バイデン政権の国務長官にブリンケン氏が就任

🐾 バイデン次期政権について言えば、明確なのは、トランプ政権が「アメリカ・ファースト」を掲げた結果として、きしんだ同盟国や国際機関との関係修復を急ぐことだろう。 2021年01月28日 14:35• 民主党のオバマ政権の1期目に副大統領の安全保障担当補佐官としてバイデン氏に仕えたほか、2期目には国務副長官として外交政策を担い、バイデン大統領の長年の側近として知られています。

6

ブリンケン米国務長官 初の記者会見で米中関係について言及

😄 2021年01月28日 14:43• いわゆる「反政府派」は、実際アルカイダと提携する無数のテロ集団や他の過激派イスラム至上主義者だった。 2021年01月28日 14:41• 名も無き国民の声• イランが支持する反政府武装組織フーシ派に対する制裁を一時的に停止し、フーシ派を「テロ組織」と指定したトランプ政権の決定を見直す意向を示しました。

6

バイデン氏 閣僚人事を発表 国務長官に側近のブリンケン氏

😚 2021年01月28日 14:30• DACAに共和党は批判的で、マヨルカス氏が指名された場合、上院で同党が反対してもおかしくない。

5

米、対中強硬維持へ 国務長官候補「打ち負かすことができる」 バイデン新政権の狙い

🤟 だから~・・昭恵様は最高のイ~ジスなんですよ~ 彼女のサクラぶりときたらw・・しかも天然無心流~みたいなw 彼女を突っつく程におちていった野党 さすが・・相手の誤反応を誘う 誘い討ちを心得てますね~ よくお勤めになりました 感謝してますよ お陰で官邸仕事がはかどった・・ですよねw 火急の際に会議~とかぬかす政治屋は政治ができないんですよ 政治にマジ文句つけたかったら まず必死に勉強して東大に行きなさい そしてコネ結婚して自分も子供もその方面に向かいなさい 日本に来たトクア系はその道で着実に駒を進めてる 日本人として負けたくなかったら同じ道で勝負することだよ~ 何かを得たかったら何かを代償に交換しなくてはね• 米国は共産主義政権との交渉においては同盟国との協力が必要であり、その協力が米国の立場を強いものにすると彼は述べています。 実際どうなのか分からんが。 2021年01月28日 14:23• 2021年01月28日 14:48• 名も無き国民の声• これは変わっていない」 との関係について、ブリンケン氏は明確な態度を示さなかったものの、イラン核合意に復帰する予定のバイデン政権の意向を示唆しました。

18

バイデンが選んだアントニー・Blinkered(狭量)国務長官をご紹介(マスコミに載らない海外記事) 赤かぶ

🤙 成りすましと諦🍈の繰り返しかよ。 今回、発表された6人は、バイデン氏が副大統領だったオバマ政権の時に、いずれも外交・安全保障の要職についていた元高官たちです。 2021年01月28日 14:40• 生活保護は日本人だと、親類縁者一族郎党に回状が回って 二度と日の当たる場所に出れなくなるから、敷居が高い。

14

【バイデン新政権】ブリンケン国務長官が初の記者会見 中国による新疆での弾圧、新政権でも「ジェノサイド」の認識変わらず

😊 名も無き国民の声• ブリンケン氏は今後、バイデン政権の外交の要として、前のトランプ政権のアメリカ第一主義から、国際協調を重視した路線への転換の先頭に立つことになります。 政権中枢とは、副大統領、国務長官、国防長官、財務長官、大統領首席補佐官、大統領補佐官(国家安全保障担当)の6人を指す。

20