600 こちら 情報 部。 脚本「600こちら情報部」詳細情報

「600 こちら情報部!」 知ってる人は昭和

✆ 」 貴重な映像を提供してくださったのは鹿野さんです! 武内アナ「当時はどなたが録画していたんですか?」 鹿野さん「僕の記憶ではガチャンと押したんですね、タイマーがあったような気がするんですけど…」 帯さん「出ながら(出演しながら)ガチャンは無いですからタイマーですよ(笑)」 鹿野さん「生放送で(自分の様子が)分からないから、家に帰ってじっくり自分で見て一人反省会です。

20

「600 こちら情報部!」 知ってる人は昭和

😩 」 さて、ここでちょっと番外編! 帯さんには内緒で準備した娘さんの手紙なのですが、書いたご本人の菜奈さんは放送当日お母さんの付き添いでスタジオに! ご本人を見てスタッフ一堂ビックリ!お母さんの若い頃にそっくりです! 6年間で1300回以上の放送があった『600こちら情報部』、最初の4年間は合わせて10回分ほどしか保存がありません。

脚本「600こちら情報部」詳細情報

⚐ それもそのはず。 当時、人気絶頂の阪神・掛布雅之選手や大相撲の蔵間関、アイドルとして超人気だった榊原郁恵ちゃんが出演した時は、なぜかスタジオがいつもより人が多かった。

11

『600こちら情報部』懐かしのコールも!

😙 ブラックユーモアにあふれたビートたけしさんがゲストで来たときは、鹿野さんも帯さんもいつもとは違う緊張感があったという。 最終的に、情報部員は1万2000人となった。

11

600 こちら情報部

👣 スタッフも、子どものための本格的なニュースショーを作ろうと燃えていたようだ。 こちらは首相官邸…! なんと当時の大平正芳総理大臣に小学生の情報部員とともにインタビュー! 女の子「大平さんは、小さい頃に女の子にラブレターを書いたことはありますか?」 「あ~、この女性…え~、…」 武内アナ「大平総理に、現職の総理に!?」 帯さん「Tシャツで!…お優しい方だったんです。 その癖が、いまカラオケを歌うと必ず録音して自分の家でじっくり次の日に聞いて、もうちょっとこうしたほうが良いなと…ずっと反省のしっぱなしです。

「600 こちら情報部!」 知ってる人は昭和

☘ この季節になると海もシケる日が多く、なかなか釣りができませんが、 Island Hoppers 奄美特派員である南海のチェ〇ーBOYこと クロカマジ君より、 ショアから梅雨ブギィでの釣果画像いただきましたのでUPです。 さらにお二人にメッセージを頂いておりますのでご紹介します。