鶏口 牛 後 意味。 鶏口牛後:意味・原文・書き下し文・注釈

鶏口牛後

⚠ 大王の為に計るに、六国従親して以て秦を擯くるに若くは莫し。

8

故事成語「鶏口となるも牛後となるなかれ」の意味と使い方:例文付き

😂 そして何よりも、「考えることができる」すなわち「精神を持つ」ことで、ただ、自然の力、暴威として、力を無自覚に揮う風に較べて、遙かに賢明で、優れた存在である。 この葦の比喩は、パスカルという人がどういう人だったかを知ると、パスカル自身のことのようにも思えて来ます。 」 於是、六国従合。

6

故事成語「鶏口となるも牛後となるなかれ」の意味と使い方:例文付き

🐾 上記の例文のように、「鶏口牛後」は小さな組織や会社を志す時に用いられることが多いです。

19

「鶏頭牛尾」?「鶏口牛後」?

⚑ 」は微妙なところだと思います。 また「鶏口牛後」を「鶏頭牛尾」とするのはよくある誤記なので注意しましょう。

四字熟語「鶏口牛後(けいこうぎゅうご)」の意味と使い方:例文付き

✋ そのように書き下し文で言う場合はあくまで出典どおり「鶏口と為るも牛後と為る無かれ」としないといけません。 このセリフ、「寧為鶏口、無為牛後」を書き下し文にすると「寧 むし ろ鶏口と為 な るとも、牛後と為ること無かれ」となります。

20

四字熟語「鶏口牛後(けいこうぎゅうご)」の意味と使い方:例文付き

✔ 鶏口牛後というので、大きな企業ではなく小さな企業でもいいので、自分の主導で何かをプロジェクトしたい。 」粛候乃資之、以約諸侯。

17