四 神 相応。 四神と四神相応

四神

☭ 四房のそれぞれの色は四神のシンボルカラーに相応しており、方角、四季、四神獣をあらわし、土俵を守り、五穀豊穰を祈念している。

四神相応とは~三上靖史

😘 地形にあてはめた 風水では、この4つの神の配置もとに、理想的な土地を追求しています。

7

龍が活躍する陰陽五行思想と四神相応

🖐 前に洿池有り。

16

四神相応

⚑ 【田辺】 青龍と白虎は阿波の青石と白石、赤い色の朱雀は京都の鞍馬の石、玄武はここ丹波市市島町の黒い石が使われています。 これ玄武なり。

京都~五社巡り~

🤩 都には諸国から大道が通ずるべきなのに「西大道」一本でいいとする山川道澤説が都市の風水として不適当なのは明らかであろう。 水は木を生長させ、木は燃えて火を生む、火が燃えたあとには灰(土)が残る、土の中で養分が固まり金(鉱物)を生じ、金は腐食して水に帰る。 これ左青龍なり。

10

大御所の町・駿府城下町の誕生

😙 自分とは関係ない・・・と思. 前朱雀、南有洿池。 今の千本通り是右白虎なり」と二神のみ明示するのが最も古い。

7

重森三玲の枯山水庭園「四神相応の庭」と古代からのパワースポット“磐座” 丹波・石像寺を訪ねる

😒 (中略) 家より東に流水あるを青竜とす、西に大道あるを白虎とす、南側に池あるを朱雀とす、 北後にをかあるを玄武とす。 四神と四神相応 四神と四神相応 四神とは 四方位を守護していると言われる4匹の伝説上の聖獣のコトです。

2

四神相応

🐝 珍誉のいう山川道澤の四神相応では、西の大道は南行している必要がある。 平安京は四神相応の都 桓武天皇は風水に最適の地とした山背国に都を移した。 都の中央を南北に走る大路をという。

9

四神相応とは~三上靖史

😎 これ前朱雀なり。 江戸も、風水四神獣にのっとって、建都されたと言われている。 巨椋池は京域南方から東に寄りすぎており、朱雀の地とするのには無理があることを論拠としている。