王妃ベルタの肖像 ~うっかり陛下の子を妊娠してしまいました~。 【8巻ネタバレ!】うっかり陛下の子を妊娠してしまいました~王妃ベルタの肖像~

『うっかり陛下の子を妊娠してしまいました~王妃ベルタの肖像~』漫画の若干ネタバレ感想

🐝 というのも実は、ベルタは 陛下を「夫」だと思ったことが、一度もなかったのだ。 C Himawari Nishino 2020 Licensed by KADOKAWA CORPORATION C 2021 Aya Tanaka. ベルタの周りの使用人たちは、懐妊は狂言で、十中八九嘘だと言います。 そして ベルタから見た陛下は、 彼個人である前に「王」であり、 国や正義のためなら、ハロルドは信仰すら捨てれる人物であることを話し始めるベルタ。

5

うっかり陛下の子を妊娠してしまいました(王妃ベルタの肖像)漫画 ネタバレ 6巻!

🐲 また、スペインは熱心なカトリック教徒の国でした。 アンリ・オットー、王宮ならどんな態度を取ったって周囲は何も言わない。 それを見たベルタは、 この街が自分の手を離れたと感じ、 嬉しくも思いつつ、でも寂しそうに笑うのだった。

8

うっかり陛下の子を妊娠してしまいました~王妃ベルタの肖像~【分冊版】 1巻 |無料試し読みなら漫画(マンガ)・電子書籍のコミックシーモア

👎 ぜひ、絵とあわせて「うっかり陛下の子を妊娠してしまいました 王妃ベルタの肖像 漫画」を楽しんでくださいね!. それを聞いたハロルドは、 ふと押し黙った後、ベルタに対して、 ルイを愛し、そして次の王にしたいことを、少し弱ったように打ち明けたのだった。 マルグリット 王妃。 さっそく国王ではなくベルタの元に向かおうとしています。

【8巻ネタバレ!】うっかり陛下の子を妊娠してしまいました~王妃ベルタの肖像~

🙂 このハプスブルク家を意識したのかはわかりませんが、ハロルドが王位についているアウスタリア王国の立地はかつてのスペイン王国 スペインも起源をたどるとアストゥリアス王国に行き当たる のようですし、マルグリットの母国もかつてのドイツ、神聖ローマ帝国もしくはオーストリアに見えます。

20

【全巻ネタバレ】うっかり陛下の子を妊娠してしまいました~王妃ベルタの肖像~最終回まで随時更新中!

👈 ここに来てから、ベルタとカシャの「父娘の会話」を聞いていない気がすると。 ただその理由は、 王族の支配下に入りたくないからではなく、 別の思惑がある様子だ。

15

『うっかり陛下の子を妊娠してしまいました~王妃ベルタの肖像~』漫画の若干ネタバレ感想

☏ でもこんなにうまく切り抜けられてしまうと、あとからとんでもないトラブルが出てくるのかも…と思い不安にもなります。

16

【全巻ネタバレ】うっかり陛下の子を妊娠してしまいました~王妃ベルタの肖像~最終回まで随時更新中!

🤘 流産を繰り返し、子に恵まれないことから、精神的に不安定になりつつある。

12