ブラームス 交響曲 第 4 番。 交響曲第4番 (ブラームス)

交響曲第4番 ワルター&コロンビア交響楽団(シングルレイヤー) : ブラームス(1833

👉 テンポの動きや細密な表現など、とても個性的です。 Allegro giocoso — Poco meno presto — Tempo I• まずオスティナート主題のみ変奏しその後ソプラノ主題で二重に変奏をする、というアイディアはの第3番「英雄」のフィナーレを意識したものか。 オケの音色が華やかであるが、それがマイナスにはならず、逆に指揮の厳しさをひきたたせているように感じる。

7

ブラームス 交響曲第4番

⚒ 新古典主義とよく言いますが、ブラームスはバッハ以前のバロック時代の音楽も研究していました。 響きはすっきりしていますが、テンポを落として濃厚な表現もあります。 第23変奏で再び主題の形がはっきり現れてきます。

15

ブラームス交響曲第4番 名盤聞き比べ(CD比較)

🎇 なお、この第2楽章では対位法という、「あるメロディーと他のメロディーを組み合わせる」技法が多く使われているが、これもまた古くから教会音楽で使われてきた技法であった(の時代においては「古臭い」とみなされることさえあった)。 ある事に自信がなく、それが露呈するのを恐れる ケースもあります。 弱音は柔らかく優しいです。

13

ブラームス 交響曲第4番

🤝 ブラームスは30歳ころには作曲家として名声を得ていましたが、彼が初めて交響曲を書いたのは41歳のときでした。 真の再現部はそのあとだが、の引き伸ばされた音に変わってるので、すぐにはそれと気づかない。 二楽章、静かに淡々と演奏される第一主題。

10

ブラームス:交響曲第4番名盤試聴記

♨ 三楽章、大編成のオケが「よっこらしょ」と動き出したような冒頭。 ブラームスがこだわったということですね。

3

ブラームス:交響曲第4番名盤試聴記

😈 コーダのホルンの動機は壮大でした。 第3楽章は余計に盛り上がり過ぎず渋い感じです。

17

ブラームス:交響曲第4番名盤試聴記

⌚ この部分では,まず,ファゴットとホルンが緊張を緩めるような穏やかなフレーズを演奏するのが大変印象的です。 四楽章、せわしなく激しいアタックが聞かれます。

13

ブラームス交響曲第4番 名盤聞き比べ(CD比較)

🔥 大きな仕掛けは無く、自然体の演奏ですが、かなり情熱的な感じがします。

4

交響曲第4番 アバド&ベルリン・フィル : ブラームス(1833

😋 89小節で3連符による抒情的なフレーズが演奏された後、半音階で下降していく。 二楽章、少し弱めで寂しそうなホルンの動機。 三連音の動機はゆっくりです。

13