ベンツ gls 新型。 メルセデス・ベンツ GLS

【メルセデス・ベンツ】新型車スクープ・モデルチェンジ予想|2020年10月最新情報

🎇 フルモデルチェンジした新型GLSクラスでは、最新のパワートレインや車体によりさらなる乗り心地がつくられています。

メルセデス・ベンツ GLS

😋 2秒です。

8

「SクラスのSUV」新型メルセデス・ベンツ「GLS」の居住性・使い勝手は?

🤙 0L V 型8気筒直噴ツインターボエンジン「M176」に、電気モーターISG、48V電気システムを組み合わせ、全モデルに9G-TRONIC オートマチックトランスミッションを採用します。

「SクラスのSUV」新型メルセデス・ベンツ「GLS」の居住性・使い勝手は?

⚛ 車両重量はGLE クーペが2450kg、GLSが2590kgとかなりの重量級だ。 メルセデスベンツによると、大型SUVセグメントで非常に優れたCd値という。 安全運転支援システムは、『Sクラス』と同等の最新世代を標準装備。

5

メルセデスベンツ GLS 新型、48V駆動のアクティブサスペンション採用 1263万円より

😚 Sモデルの設定はなく、パワートレインは、GLE 63のSモデルが搭載する最高612PS発生の4. 2018年以降は、ロールスロイスやアルファロメオなどこれまでSUVを販売していなかったラグジュアリーメーカーが新型モデルをラインナップします。 リアの車高はスイッチ操作で50mm下降させることができるので、重い荷物の積み下ろしもスムーズに行えます。 これは、最上級グレードの「GLS580 4MATIC」に採用されています。

【メルセデス・ベンツ】新型車スクープ・モデルチェンジ予想|2020年10月最新情報

⚑ インテリアは、ラグジュアリーでエレガントなデザインと、MBUXの高度なデジタル技術が特徴だ。 メルセデスマイバッハGLS 600 4MATICと競合するのは、ロールスロイス『カリナン』やベントレー『ベンテイガ』など、ウルトララグジュアリーSUVだ。 PRE-SAFEサウンド• 48Vまで高められた電気システムにより、動力補助に十分な出力を得ることができる一方、60Vを下回る電圧としたことで、専用の乗員保護機構は不要となる。

16

メルセデス・ベンツ 新型 GLS フルモデルチェンジ「SクラスのSUV」 2019年発売

☢ 2列目シートには電動シートバックによる前後スライド機能を採用し、最後方にスライドさせることでレッグルームが87mm拡大するほか、乗降性も向上。 さらに、GLSでは初採用となるドアクロージングサポーターも搭載しました。

19

【新型メルセデス・ベンツ GLS】凄すぎるサスペンションを搭載してフルモデルチェンジ

🤑 価格は上位モデルEQCの1,080万円を基準とすると、700万〜800万円あたりの設定になると思われます。

12